レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

NEC CD-ROM2 インターフェースユニット 分解 組立

11月 11, 2022

3,294 Views

必須工具:特殊ねじドライバーDTC-27、プラスドライバーNo.1
便利用具:アセテートテープ



カバー側のツメを取り付けます。



底面側ハンドルを取り付けます。



L字型の金具を差し込み、ツメに引っ掛けます。



パワースライドスイッチを窪みに置き、バネで繋ぎます。



スイッチ部の基板と金具をプラスねじ2か所で固定し、
底面部に固定します。



裏面からプラスねじ2か所で固定します。



シールドを配置します。
ケーブルは大回しにして、アセテートテープなどでケーブルが浮かないように固定します。



PCエンジン本体、CDROM本体固定部を取り付けます。
ツメで堅く止まるので、折れ注意。



映像出力部を仮固定し、ここもケーブルをアセテートテープなどで止めておきます。



メイン基板から出ているアースをシールドに接続し、
シールドをプラスねじ2か所で固定します。



メイン基板プラスねじ2か所で固定します。



メイン基板下部のケーブルの取り回し位置。



本体上部にLEDをプラスねじ1か所で固定します。



グレーの上面部内側もケーブルを固定します。
カバーのツメを引っ掛ける部分の内側にケーブルが入らないように注意してください。



各種ケーブル接続。



基板の上から上面部を取り付けます。
斜めに入れ、イジェクトレバーごと押し込むように入れます。



ややツメが止まりにくいですが、スペースなく止まるのできっちり入れます。



底面から特殊ねじ7か所で固定します。
穴の深いところが長いねじです。



カバーを取り付け、元通りに組上がりました。
最後に動作確認して完了です。お疲れ様でした。

NECCDROM2,分解

Posted by 函館孫作