レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

SEGA セガサターン HST-3220 後期型 分解 組立

3,618 Views

必須工具:プラスドライバーNo.0、No,1


以前より外見もそうですが、大分中身がスッキリしました。



底面にシールドを入れます。


基板を入れます。


拡張部のガイドを入れます。


金属板にピックアップレンズユニットの土台を取り付けます。
裏からそれぞれプラスねじで固定します。
電源ランプも取り付けておきます。


基板の上に置きます。
基板から伸びているコネクタを通してください。
メモリー挿入部、コントローラ部の横は長いプラスねじで4か所。
中央は帯状のシールドを小さいプラスねじで合わせて固定。
その他は中くらいのプラスねじで6か所固定します。


電源スイッチを金属パーツに通して、固定します。
短いプラスねじ4か所で固定します。
電源ボタンのパーツもはめ込んでおきましょう。


電源の配線を引き回したら、透明なカバーを置きます。
金属パーツに挟み込むところがあります。


その上から電源基板を差し込みます。
短いプラスねじ1か所で固定します。


背面からも固定しておくといいと思います。


ピックアップレンズユニットを置いて、フラットケーブルで接続します。
メイン基板から伸びているコネクタも接続します。


次に上面です。
まずリセットスイッチと細い棒を組み立てます。


黒いパーツにギアを取り付けます。


オープンボタン、リセットボタンを入れます。


パワーメモリー挿入部にトーションバネを付けて蓋をします。


CD部の蓋をして黒いパーツに組み合わせます。
きちんとハマる穴があります。
パワーメモリー挿入部の蓋ともハマる場所があります。
プラスねじ2か所で固定します。


反対側はクリーム色のパーツ。
トーションバネを入れて、蓋とパーツの穴を合わせます。
プラスねじ2か所で固定します。


オープン部に白いパーツ、トーションバネを置いて、ワッシャー付きの小さいネジ2か所で固定します。
締めすぎるとうまく作動しないので、開け閉めして調整してください。


底面からプラスねじ5か所で固定します。


元通りに組上がりました。
最後に動作確認して完了です。お疲れ様でした。


拡張部の蓋を忘れずに。