レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲームボーイ ドット抜け ライン抜け 修理

3,430 Views

必須工具:はんだごて、ピンセット、はんだ吸い取り線(銅板)


初代ゲームボーイの液晶の両端がライン抜けしていましたので、修理しました。
本来電源は抜いておくべきだと思いますが、確認しながらの方が作業が捗ります。
当方はACアダプタがなかったので、背面側を半分組み上げ、電池を入れて動作させています。
基板と基板の間にショートしないように数枚の紙が入ってます。



液晶の左端に2~3ラインの抜けがあります(画面下部)



液晶の下側のこのあたりに液晶とケーブルが接着されている部分があるそうなのですが、
その内部のはんだを温めて溶かし、圧着して再度くっつけるイメージです。
直接こてを当てると溶けてしまう可能性があるので、はんだ吸い取り線を当てています。



やってみるとわかるのですが、圧をかけるだけでライン抜けが一時的に戻ったりします。
はんだごてを当てて、数秒~十数秒温め、ピンセットで押し、冷えるまで待つ。
これを繰り返します。
内側から外に向かって作業します。



作業完了です。
元通りに組上げ、動作確認して完了です。お疲れ様でした。