レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

SEGA ドリームキャスト コントローラー 分解 組立

5,210 Views

必須工具:プラスドライバーNo.0


トリガー部は、分解しないことをお勧めします。
ドリキャスが売れなかったのは、このトリガー部の設計ミスだと勝手に思ってますが、
取り外す際に、軸が折れる可能性も高く、壊れていないのであれば、
敢えて折るリスクを取る必要はありません。
汚れが酷い場合は、中にバネが入っていますが、そのまま洗浄し、
バネ部分をエアダスターなどで早急に乾かしましょう。



アナログスティックを組み立てます。
図の左から順に組み上げます。



組みあがったら、



基板に取り付けます。



ドリームキャストのアナログスティックは、磁力で座標を認識しているようなので、
磁気のないアルミのプラスねじ2か所で固定します。



表面にボタンを配置します。



ラバーパッドを入れます。
十字キーの真ん中に、小さいガイドパーツを入れるのを忘れずに。



基板にLRのトリガーを取り付けます。



こちらもアルミのプラスねじでそれぞれ固定します。



メモリスロットを基板にスライドさせ取り付けます。
メモリスロットの端子の裏のプラスねじを外している場合は2か所取り付けておきます。



コントローラ上部、スロット両脇を黒いプラスねじ2か所で固定します。



ケーブルをつなぎます。



背面を乗せ、プラスねじ6か所で固定します。



元通りに組上がりました。
最後に動作確認して完了です。お疲れ様でした。