レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

ゲームキューブ 本体 ピックアップレンズ 調整

821 Views

必須工具:特殊ねじドライバーDTC-27、プラスドライバーNo.0、1
便利道具:デジタルマルチメーター等


ゲームキューブのピックアップレンズの出力調整を行います。
分解をして、ピックアップレンズの直下の基板を露出させます。
開閉センサー側に調整ダイヤルがあります。



調整ダイヤルの左右に端子があり、一つ側と二つ側の下間で抵抗値を測定します。
何かあったときに元に戻せますので、ダイヤルを回す前の値を記録しておくといいでしょう。
180~200Ω前後で読み込むと情報があったりしますが、個体でまったく状況は変わってきますので、
その個体にあった抵抗値に設定してください。

左に回すと抵抗値が下がり、レーザー出力が上がります。
20Ω程度ずつ刻みながら、動作テストを繰り返します。
読み込む抵抗値付近では、ピックアップの動作音や挙動が変わってきますので、
そのあたりを注視しながら設定していきましょう。
動かす大きさは15°以下、外径0.1mm程度の気持ちで動かします。
あまり大きく動かしますと、ディスクを傷めたり、ピックアップ自体の寿命を縮めます。



動作テストは、ネジなしで仮組をして、ディスクをセットし、開閉センサーを反応させます。
レーザーを直視したり、ショートさせないように注意してください。

元通りに組上げ、最後にもう一度、動作確認して完了です。お疲れ様でした。