レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

SONY プレイステーション3 CECHZC2J Dualshock3 基板小 分解 組立

3,260 Views

必須工具:プラスドライバーNo.0
便利工具:ラジオペンチ


プレイステーション系のコントローラは型番が同じでも、
開けてみると中身の作りが全然違っていたりします。



各種ボタンを表側に配置します。
ポートランプは下から引っ掛けるように先端を上に出します。



ラバーパッドを入れます。



背面にリセットボタンを入れます。



L2、R2ボタンを組みます。
トーションばねの位置と向きに注意します。



白いフレームパーツに端子接点部のクッションを入れます。



フレキシブル基板を窪み、突起に合わせます。



3Dスティック部の基板にゴムパッドをはめ込みます。



正面側からフレキシブル基板を合わせ、端子接点部を折り返します。



両面のフレキシブル基板、LR部、基板をまとめます。



3Dスティック、LR部のラバーパッドを入れます。



コントローラ前面にフレームを納めます。



プラスねじ1か所で固定します。



L2R2を取り付け、バッテリーを配置します。



配線などを挟んで断線させないように、注意しながら閉めます。
バッテリーにツメがぶつかるかもしれませんが、
プラスチックの弾性でズラしながらハメます。
最後にツメをハメて、完全に閉じます。
このツメが開ける際に硬い場合があります。
その際は背面側のパーツを親指で潰しながら開けるようにします。
全体を再度抑えて、パチパチとハメこみます。
背面はプラスねじ5か所で止められています。



L1R1ボタンを入れます。
背面と合わせる前でも入れられますが、最後の方が楽なことに気が付きました。



元通りに組上がりました。
最後に動作確認して完了です。お疲れ様でした。