レトロゲーム販売 通販ショップの駿河屋

任天堂 Wii クラシックコントローラ 分解 組立

2,780 Views

必須工具:プラスドライバーNo.0、Y字ドライバー2.6mm
便利工具:マイナスドライバー、ラジオペンチ、ピンセット



各ボタンを表側に入れていきます。
間違った場所に入れてしまうとしっくりこないので、間違えられないように作られています。



次にラバーパッドをハメます。
十字キー側には大きな穴、abxy側には小さな穴が丁度ハマるようになっています。



裏側にLRボタン、ZL、ZRボタンを入れます。
ZL、ZRボタンはくぐらせる様に入れて、金属部分が両側に乗っかるようにしておきます。
LRボタンはボタンパーツを入れ、バネを入れて黒いパーツを取り付けます。



先にボタン、バネ、黒いパーツを組み合わせても大丈夫です。




アタッチメント部分は、二つのパーツをバネで接続します。



アタッチメント部分もボタン部分をくぐらせる様に取り付けます。



LRボタンの黒いパーツをネジで固定します。
ネジはワッシャーヘッドの物を使用します。



アタッチメント部分は黒いネジで固定します。



白い大き目のパーツにLRボタンの電極が付いている小さな基盤とラバーパッドを付けます。
ラジオペンチか何かで挟み込んであげるとパチンとハマります。
ラバーパッドが入りにくい場合はマイナスドライバーで押し込んでください。
両側の白い突起がラバーパッドにハマればOKです。



画像のように配線を通します。
画像ではネジで止まっていますが、当然ネジ止めする前に配線を通した方がやりやすいです。



LRボタンの基盤のパーツを黒いネジで固定します。
LRボタンのスライドするアナログセンサー部分ですが、
この画像では真下になっていますが、一つ上の画像の通り、
ネジ穴の真横に位置するようにします。
そうすると背面側の黒いパーツの穴に丁度収まる位置になります。



表面に背面を乗せるようにハメこんだら、Y型ねじで5か所を止めます。



元通りに組上がりました。
最後に動作確認して完了です。お疲れ様でした。

NINTENDOWii,分解

Posted by 函館孫作